工場の求人、志望動機はどう書けばよいのか?

工場の求人は他の業種と比べて多いですが、その分良い条件には多くの人が殺到します。そういった中で志望動機というのは自身をアピールする上で大きなポイントとなります。最初の段階ではまず履歴書を見られるので、採用担当者に欲しいと思わせるようなしっかりとした動機を考えておきたいものですが、その為にはどういった人材が求められているのかという事をあらかじめしっかりと把握しておく必要があります。 前提としては会社の利益に貢献する意欲があり、かつ将来的なビジョンをしっかりと持っていると採用する側も雇用したいと思うようになります。せっかく良いポイントを持っているのにきちんと伝え切れないのはもったいないので、事前に自分の長所・短所などをしっかりまとめておく事をお勧めします。

今持っているスキルを活かして伝える

すでに経験がある人であれば、それを最大限アピールする事によって採用に大きく近づきます。例えば現場で良く使われるフォークリフトなどの資格を持っていれば、それだけでも大きなアピールポイントとなります。それに加えてどの様な作業を行なっていたかを具体的に説明出来るとなお良いでしょう。細かな業務内容は違っていても、大まかな流れを知っているという事は即戦力として期待出来ますし、採用する側としても来てもらいたいと考えて貰えます。 これまでどういった事を経験し、これからどう活かそうと考えているかを明確にしておく事が大切となります。資格や技術を持っているのであればよりそれを磨いていきたいであるとか、部下を持っていたのであれば人材育成のノウハウを活かしたい等、自分の魅力をしっかりと伝えられるようにしておきたい所です。

経験がない場合は将来性をアピール

過去に工場での経験がなくとも採用されるケースは多くあります。求人の中には未経験者を歓迎するものもあるので、良いと感じた求人に積極的に応募していきましょう。未経験者を採用する中で決め手となる大きなポイントとしては長く意欲的に勤めてくれる人かどうかという点です。工場の仕事の多くは肉体労働の為、慣れないと大変で短い期間で辞めてしまう人も少なくありません。この人なら長く勤めてくれそうだと思わせるような志望動機を書く事が出来れば採用されやすくなるでしょう。 5年後10年後どういった人材になりたいかというのきちんと伝えれば面接などの時にも好印象を与える事が出来ます。また知識や技術を積極的に吸収し、その道のスペシャリストとして成長したいという事も動機として書くには適切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加