モノづくりに携われる工場求人の特徴について

モノづくりが行われている工場では定期的に従業員の募集を行っています。求人に応募出来る人は資格が必要な仕事と特別な資格を持っていなくても応募が出来る仕事もあります。例えば、お弁当の食材やおにぎりなどを製造する仕事の場合は、特別何かの資格がなければ応募出来ないわけではありません。また、夏休みや春休みなどの時期などは学生さんのアルバイト募集を行うケースが多くあります。
モノづくりに携わる事が出来るメリットの中には、普段コンビニで購入しているおにぎりがどのように製造が行われているのかを自分の目で見る事が出来る、ラインの仕事などの場合は専門の仕事を繰り返し行う事になりますが、自分が作ったおにぎりがお店に並んでいる様子を見る時などは、モノづくりの醍醐味とも言えましょう。

ラインの仕事は同じ作業を繰り返します

工場の求人の多くはラインの中での仕事が中心になります。モノづくりはベルトコンベアで運ばれて来る製品などを、それぞれの役割分担が決まっている、それぞれの担当者は決められた作業を繰り返し行い、作業者全員が協力し合い1つの製品などを作り上げるのが特徴です。例えば、電化製品を製造する時には、プリント基板をケースにネジ止めする人、基板間のハーネスを取り付ける人、ケースを閉じてネジを止める人などのように、それぞれの役割が決まっており、同じ作業を時間内繰り返す事になります。
但し、仕事は毎日同じ事を行うわけではありません。モノづくりの中には色々な製品を製造する事になるので、1週間は同じ製品を製造していても、生産計画に応じて次週からは別のモノづくりがスタートするなど、様々な製品作りを経験出来る魅力を持ちます。

ラインの仕事以外にも生産管理などの仕事もあります

工場の求人の中にはラインだけではなく製造の計画を立案する、資材の調達を行うなどの生産管理の仕事もあります。生産管理の主な仕事はモノづくりをどのように進めて行くのが効率的であるのか、安全に作業するためにはどのようにすべきかを立案する仕事です。1日の生産計画が順調に出来ているのか、資材は不足していないかなどの管理業務がメインで、1つの製品を作るための部品は何が必要になるのか、部品は在庫があるのかなどをチェックする仕事もあります。
倉庫内には色々な部品が保管してありますが、在庫品の管理も生産管理の仕事で、これから行う生産に向けてすべての材料が揃っているのかを確認する、仮に部品が不足しているのであれば期日までに納入して貰うための交渉を下請けメーカーや部品の製造メーカーに対して行うなどの仕事もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加